キャベツダイエット 30代 女性 効果なやり方

キャベツダイエットの30代女性の効果的なやり方は?

 

多くのダイエット方法がある中、失敗してしまう原因として目立つのが空腹感が辛くて続かないということでしょう。

 

そんな辛いダイエットではなく腹持ちが良くて無理なく痩せられると昔から人気のキャベツダイエット。どの年代にも効果的で続けやすい方法ですが、出産を機に太りやすく、痩せづらくなった30代の女性に効果的なやり方を紹介します。

 

キャベツダイエットのやり方

まず、キャベツダイエットの方法は生のキャベツを食べるというところがポイントです。熱を通してしまうと、キャベツ本来の栄養素が失われたり、腹持ちが悪くなります。

 

食物繊維の多いキャベツを良く噛んで生で食べることで腹持ちが良くなり、食欲を抑えます。さら生で食べることでビタミンCをはじめとした豊富なビタミンを効率よく摂取し、脂肪燃焼効果を高めてくれるのです。

 

このようにして、手軽に始められるキャベツダイエットですが、30代女性が行う場合の効果的なやり方は夕食前に食べる方法です。育児や仕事で忙しい年代である30代は、朝や昼は簡単に食事を済ませ、夜にカロリーの高いものを摂取してしまう傾向にあります。

 

時間をかけて食べるのも大事

その夜の食事の前になるべく時間をかけて食べることで、満腹感を感じさせて食事の量を減らします。さらに食事の前にキャベツを摂取することでビタミンの吸収がより高まりますし、血糖値の上昇も緩やかになるのです。

 

また、つい甘いものを食べてしまいがちな女性ですが、高カロリーな食事や甘いものを食べる前にキャベツを食べれば血糖値の上昇が緩やかになり食後の空腹感を感じることも減るのです。

 

また食物繊維の豊富な食材ですから、毎日食べることで、30代女性が悩みがちな便秘の改善にもつながります。キャベツダイエットはすぐに効果が期待できる方法ではなく、継続することで体重が落ちたり便秘体質を改善できます。

 

特にキャベツの代わりに炭水化物を減らすことで摂取カロリーを減らすことができるので成功しやすいでしょう。味付けに飽きてしまいがちですが、油の多いドレッシングなどは避けて、違う食材にキャベツを混ぜるなどの工夫をすると効果的に続けやすいです。